雨上がりの歩道橋
2012年02月23日
hodokyo.jpg

雨上がりの歩道橋
ひとり傘をさしたまま 階段を降りてゆく

少しずつ 少しずつ
足を踏み出すたびに あれ 何故だろう おかしいなあ
涙が出てくる

楽しかった思い出なんて 思い出したくないのに
走馬灯のように 蘇ってくるのはどうして

雨上がりの歩道橋
いつも2人で歩いた歩道橋

黙っていたら また涙がこぼれてきたから
僕は傘をさしたまま 階段を降りてゆく