2012年01月25日
昨日自殺した彼が
どうしても行きたくなかった
今日という日は晴天でした

久しぶりに晴れ渡った空を
見渡す私の瞳には
透き通った青が、ただ残酷で

彼が今何を思っているのか
わからないけれど
考えたくないけれど

昨日自殺した彼が
どうしても逃れたかった
今日という日は晴天でした