フールなエイプリル
2018年04月01日
嘘にまみれたこの日常
嘘が舞い散る街のなか
僕も私もみんな嘘つき
嘘に喜び嘘に泣き
気づけば嘘に生かされている

嘘が転がる時代の片隅で
嘘を買い漁り嘘を着飾り
ありふれた嘘を求め安堵する若者たち
嘘が無ければ満たされない
ありふれた嘘という嘘

最近の若いやつは嘘まみれとのたまう
じいさんばあさんももれなく嘘まみれ
嘘を食い荒らし嘘を飲み尽くし
湯水の如く嘘を消費し続ける毎日
振り返れば嘘 前を向いても嘘
だって仕方ない嘘なんだもの

コンビニは嘘しか売ってないし
テレビは嘘しか映していない
嘘の列車に乗って嘘の景色を眺めれば
山々は嘘が咲き乱れ
空は嘘が群れを成して羽ばたき
河川は嘘が優雅に泳いでいる

嘘という名の僥倖
嘘は優しさという虚栄
嘘まみれの君がつぶやいた
ぜんぶ嘘だったらいいのに
私にとって都合の悪い嘘だけが
ぜんぶ嘘だったらいいのに

嘘に惑わされ嘘に傷ついた
嘘つきな君に嘘をたったひとつだけ
笑ってください嘘でもいい
一分一秒でも長く嘘に笑っていてください
嘘のなかに垣間見える僅かな愛を
胸に抱いて嘘を見つめていてください

俺の言葉はぜんぶ嘘です
そんな俺の嘘を指さし笑ってください
たとえこの身が嘘で朽ち果てたとしても
嘘の墓場から蘇って君に会いに行きます
きっと君のために嘘を言いに行きます

嘘の総合デパートメントストアで
真っ赤な嘘の花束を買っていくから
嘘くさい口笛吹いて笑っていてください
嘘っぱちの現実に負けない
自分に正直な嘘を吐いていてください

きっとそれは素敵な嘘に違いないから
小さく頷ける清純な嘘に違いないから