スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
哀愁列車
2015年10月29日
ressya.jpg

優しい夕陽が沈んだから
僕は列車に乗り込んだ
枯れた汽笛の音が鳴り響いて
列車は静かに発車した

車両には僕以外誰もいなかった
心地のいい空間だった
がたんごとんと揺れる音が
夜の訪れを騒がしく包み込んだ

窓の外を眺めていた
薄暗い田んぼの真ん中
知らない亡霊が手を振っていた
もの寂しげな顔をして
僕に向かって手を振っていた

僕は手を振り返さなかった
いじわるしようとしたわけじゃない
やきもきしていたからでもない
そういうのが少し苦手だった
なんだか嫌だと思ってしまった

僕はただじっと亡霊を眺めていた
亡霊はいつまでも手を振っていたけれど
時間が経つと視界から消えた

頭の中で唄が鳴り響いていた
懐かしい唄だった
歌詞がわからない唄
音色だけ聴き覚えのある唄
ひりひりした頭を溶かすようだった

僕はひとり唄っていた
もどかしい気持ちを抑えながら
下手くそな鼻唄で唄っていた
列車の向かう先さえ忘れて
中身のない唄をひとり唄っていた

優しい夕陽が沈んだ夜

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。