名札のない病室
2015年07月16日
22goushitsu3.jpg

ひんやり凍った夏風の季節
青い時代に取り残された季節
からんと響く風鈴の揺れ
透明な思い出が病室に散らばる

幸せそうに散らばる欠片
どんな形をしているのか
どんな色をしているのか
透明だからよくわからない

わからないから美しい
わからないから素晴らしい

ひとりじめしたい心が拾う
満たされない心が拾う
透明な思い出 拾い集めたって
心は透明になんてならないのに

夏の終わり
半袖で外に出かけることは
きっともう出来なくなる