スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誰もいない部屋にて
2015年07月28日
senpuki.jpg

がらんがらんと優しげに
誰も食べないかき氷を
風がゆっくり溶かしていた

もの哀しい気持ちなんて
まるで最初からなかったかのように
スポンサーサイト
名札のない病室
2015年07月16日
22goushitsu3.jpg

ひんやり凍った夏風の季節
青い時代に取り残された季節
からんと響く風鈴の揺れ
透明な思い出が病室に散らばる

幸せそうに散らばる欠片
どんな形をしているのか
どんな色をしているのか
透明だからよくわからない

わからないから美しい
わからないから素晴らしい

ひとりじめしたい心が拾う
満たされない心が拾う
透明な思い出 拾い集めたって
心は透明になんてならないのに

夏の終わり
半袖で外に出かけることは
きっともう出来なくなる
失楽
2015年07月11日
nukarumi2.jpg

飲み込まれていく
ゆったりと飲み込まれていく

抵抗することなく
ずるずると飲み込まれていく

果てしない時間の中で
おろかなまでに蝕まれていく

じんわりと身体ににじみ出す
未熟なままの言葉たち

どうして
わからない
しらない

だけどもう
理由も罪もすべて
やみくもに飲み込まれて
もうじき消えてなくなる

喜びも苦しみもなにもかも
知らないものに変わり果てて
もうじき消えてなくなる

ごめんなさいの言葉さえ
飲み込まれて消える

さようならの言葉さえ
飲み込まれて消える

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。