スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くねくねダンス
2014年10月28日
くねくねダンスを踊ろう
変な形をした人たちと
ねじれ曲がったディスコで踊ろう

にょきにょきした道楽と
ぐにゃぐにゃした快楽で
愉快な腕と脚をくねくね絡め合う

くねくねダンスは柔らかいから
慌ただしい感情なんてない
くねくねダンスは伸縮自在だから
とってもいい気持ちになれる

今日は踊り続けるよ
僕の形が僕でなくなるまで

終電がなくなってもくねくね踊ろう
疲れ果てて倒れてもくねくね踊ろう
スポンサーサイト
十月の蝉
2014年10月23日
aburasemi.jpg

羽化の遅れた油蝉が
十月の街路樹で
ただひとつ鳴き続ける

ゆがんだ金属音
ぐわんぐわん
わたしの中に響き渡る
ぐわんぐわん

時間を持て余した悪癖が
鳴き声をたどって後ろ指をさす
たまらない空気に耐えられず
わたしは思わず
思わす叩き潰してしまった

空は赤黒い夕闇
通学路にただひとり
もう通らないだろう道をただひとり

頭の中に残る金属音
ぐわんぐわん
あの十月の孤独な蝉の声
ぐわんぐわん
推定水魚
2014年10月20日
架空の水槽のなかに
スケルトンの魚をそっと入れたら
もう午前4時の夜明け前

半透明の皮膚からこぼれ落ちる
エメラルドの粒子が拡散して
青い光を浴びながら泳いでいる

反射する青に照らされて見える
微弱に振動している頭蓋から
ほろ苦いネオンの記憶を透視できる

どろりと暗い空が完全に溶ける時間
手ににじんだ汗が凍りつく時間

透けた身体が濁りはじめたら
またきれいになるまでごきげんよう

鮮やかな夜明けに嫌気がさしてきたら
めまいがおさまるまでごきげんよう
残骸
2014年10月13日
tetsukuzu2.jpg

思春期の頃からずっと
胸に引っかかってるものがあった
それを取り除こうとする度
錆びた鉄くずが心に降り積もっていった
音声ガイダンス
2014年10月09日


電話をするほどに
伝えたいことなんて
はじめからなかった
そうだろう

むせび泣くほどに
伝えたいことなんて
ひとつとしてなかった
そうだろう

受話器の向こう側
間のぬけた古い音声の羅列

なにもいらなかった
なにも望んでいなかった
どうでもよかった

なぜだろう
少し片耳が痛い
密閉空間
2014年10月07日
なにもない透明な部屋の真ん中で
三角座りをしている

窓も扉もない透明な空間の中で
三角座りをしている

ぼんやり作り笑いを浮かべながら
三角座りをしている

頭上で横たわる小鳥を眺めながら
三角座りをしている

腐りきって灰になっていくのを眺めながら
三角座りをしている

ああ生きているって素晴らしい
三角座りをしている

ああ生きているって素晴らしい
三角座りをしている

ああ生きているって素晴らしい
三角座りをしている

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。