スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
修理済み
2018年01月03日
robo.jpg

壊れたままのふたりでいたかったのに
きみは知らぬ間に修理にだされて
新品同様の出で立ちで戻ってきた

きみはわたしにささやいた
音声ガイダンスにしたがって
パスワードを入力してください

わたしは秘密の呪文をとなえた
ラ・ヨダソウ・スティアーナ
そして背中のボタンをポチッと押した

するときみはがたがたふるえて
頭がはずれてロケットのように
ごおごおと火をふいてとんでいった

頭はまだ壊れたままみたいだ
きみは根本的には前のままみたいだ
ホッとわたしはこころをなでおろした

けれどそのとき気づいてしまった

あの日
わたしが殴って傷つけてしまった
きみの豆電球の目玉が
LEDに替えられていたことに

ふたり もしかしたら
なにも変わらないままでいるなんて
できないのかもしれない

わたしはただ立ち尽くしていた
空たかく消えていく
きみのぴかぴかの頭を見つめながら
スポンサーサイト
いんそむにあ
2017年12月30日
yuri.jpg

ゆりかごのなかで見た
ゆりの花に裏切られる夢は
あなたのうちにひそむ
ないものねだり

ゆりの花は純白だなんて
あなたの勝手な思い込み
この世で本当に純白なのは
あなたの白髪とミルクだけ

あなたのすぐとなりで
ずっと踊り狂っている
ボンクラたちの言葉に
少しは耳をかたむけてみるのです

ゆりの花束を今すぐ手放しなさい
ゆりの花束を今すぐ手放しなさい

あなたの脳みそのなかにある
カビ臭い部屋の花瓶に放置された
そのひからびた花はまぎれもなく
あなたの理想のなれのはて
汚いサンタクロース
2017年12月25日
汚いサンタクロースが
きみの帰り道にあらわれるなら
きっとポケットティッシュを
プレゼントしてくれるだろう

そのポケットティッシュの
電話番号にかけてみるなら
アッと驚くタメゴロー
つぎの朝きみの脳みそは
食いもののことで溢れかえっている

汚いサンタクロースは
なぜ汚い格好をしているのか
クリスマスプレゼントは
なぜポケットティッシュなのか

色づけられた街のなか
枯れ木にまきつく豆電球たちが
街中で点滅するカラフルなそれらが
いっせいに光を失うとき

きみはただのトナカイになって
ふくれた残飯さえも食いあさる
カプセルシューター
2017年12月17日
麻酔がまかれた夜の空
星たちは眠りについたまま
ふたりの部屋はセミロング
ときめくふたりのセミロング

シャレた黄緑の冷蔵庫
開ければひんやりさわやかだけど
缶かんはぜんぶプルトップ式で
期限はマジックで消されてる

カプセルシューター会計機
部屋の隅でたたずんでいるけど
ちゃんと動くのか不明な感じで
黄ばんだボタンがさみしそう

どうせふたりはお金を払わないから
できそこないの夜だって楽しめる

缶かんふたつ開封して
わけのわからない色した液体
しらけたガラスコップにそそぐと
ほらなんだかステキな気分

セミロングな夜によこたわる
ふたりの気持ちはカプセルシューター

カプセルシューター壊れてる
この部屋ならいつだってセミロング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。